blog

「建築日誌」長源寺様お手洗い改修

弊社は、幅広い世代のお客様にご愛顧いただいておりますが、
それは、社長が現役で、シニア世代のニーズにもお応えすることが可能だからです。

シニア世代のお客様のご依頼は、改築や増築が主。
神社や公民館の雨漏り修繕、地域の民家のリノベーションやガレージ造設など工事内容は多岐に渡りますが、
今回、関市「長源寺」様より、ご参拝者様用の外部トイレ改修のご依頼をお受けいたしましたのでレポしたいと思います。

社長が、専任で設計、施工管理を担います。

こちらが、該当の外部トイレ。

 

約30年以上前に建てられたものだとか。
ブロック積の構造で昔懐かしい味わいを感じますが、後方の築約20年の本堂とはミスマッチ。
木造に一新いたします。

内部です。

  

レトロな星模様のアルミサッシを開けると、これまた年代物のタイル貼りが。
ちょうど我々世代が幼少の頃のデザインなので懐かしさに包まれます。
しかし、経年劣化した洗面台、段差、男女混合、採光など現代の視点からすると気になる点も多数。

今回は、リノベーションではなく改築。
これまで何十年とお世話になった部材達に敬意を示しつつ、上記の気になる点を改善し、
地域の皆様の誰もが心地良く使用できるよう改新させていただきます。

工事は4月下旬スタート。
またレポいたします。

「加茂野の平屋Ⅱ」上棟おめでとうございます

先々週のとある日。
弊社事務所のご近所さんである「加茂野の平屋Ⅱ」の上棟をおこないました。

現場は、畑を営む民家が点在する静かな環境で、敷地はなんと約120坪。
自然の多い加茂野ではゆとりある土地に恵まれておりますが、その中でも広大な部類です。
そのため、敷地を持て余すことなくプラスの要因を引き出して生活を豊かにしたいところです。

さて、毎度お馴染み建方の様子です。


太い梁が見えている部分はお車2台分のガレージですが、
母屋の玄関と連結しているので間口は10mに及びます。
3台分のガレージを造作させていただいた「下米田の平屋」と同等の規模。
充実したカーライフのお役に立てればと願います。

こちらはファザード。
ガレージ内に玄関が存在します。

実は、敷地いっぱい活用しているため奥行きも深い。

 

延床面積約50坪のボリュームのある平屋のお住まいです。
平屋の場合、広ければ必ず快適というわけでもなく、中心部分は光や風が届かず暗くなりがち。
敷地が広大な分、採光通風には特に気を配っておりますので、今後のレポではそのあたりも着目したいと思います。

それでは、H様上棟おめでとうございました。
工事関係者の皆様、ありがとうございました。

「那加の平屋」お引渡し時の儀礼

先週のとある日。
「那加の平屋」が竣工し、無事お引渡しをさせていただきました。

そこで、今回は、儀礼の様子をピックアップ。

昔から続く伝統的なならわしとして、木造軸組では、地鎮祭と上棟式の二度、神様にご挨拶をする機会があります。
これは、地を慎め、工事の安全、家の繁栄、ご守護などを祈願するもので、
信仰心が薄れた現代でも、建築現場では、持統天皇の時代から続く古式の神祭りが行われています。

地鎮祭は、お客様の宗教観に合わせた儀式を執り行っておりますが、
上棟時の儀礼は、断熱材の特性上、執り行っておりません。
そのため、弊社では、竣工時に棟札など一式を小屋裏に納めさせていただきます。

 

今回も、専務が必要なお品をかごに入れ、

家の守り神様として大切に納めさせていただきました。
因みに、飾り物一式は弊社がご用意いたします。

その後は、窓や設備機器のご説明をさせていただき、
本キーや取説、図面一式などをお渡しいたします。


近年設備機器のハイテク化が進み、様々な便利機能が盛りだくさん。
現場でのご説明は簡潔なので、お忙しいとは思いますが取説を熟読して使いこなしてくださいね。

以上、お引き渡しの様子でした。

後日、画像処理が終わりましたら、この家の特徴をお伝えしたいと思います。
乞うご期待。

「御嵩の平屋」上棟おめでとうございます

本日は、日差しが柔らかく春の空気を一層感じられるようになりましたね。
MamiyaFarmも春の色彩に染まっております。

畑からはみでるほどの明るい菜の花を見ていると、このご時世でも希望がもてます。
マスク生活の息苦しさもリフレッシュ。

さて、先週末は、こんな朗らかな陽気ではなく春の嵐となりましたが、
嵐の前に御嵩で平屋の建前をおこないました。

午前中は晴れていましたが、夕方からお天気が崩れる予定。
夕方には”レインコート”まで完了しなければいけません。

午後の様子です。
専務撮影。

 

間口約17mのI型の躯体が姿を現しました。
軒天は、今回は隠す仕上げなので構造材は全て見えなくなります。

又、屋根の勾配を緩やかにしているので、背景のお山が借景の役割を果たしています。
実は、屋根は片流れではなくアシンメトリーの切妻。

この地では、重心を低く低く。
豊かな風景に溶け込むような建築を予定しています。

予定通り、降雨前にすべての工事が完了。
W様、上棟おめでとうございました!
現場でのお打ち合わせが増えると思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

「建築日誌」ショールーム巡り

先週末は、ショールーム巡り。


今回も収穫あり。
計画変更です。
実際に見ると結論までが早いです。

住設の性能やトレンドは数年で変わるのですが、
最近はお客様もSNSなどで事前に勉強されているため非常に詳しいですね。
ある程度的を絞ったらぜひショールームへ。
手配いたします。

「太田の平屋」伝統建築の良さに着目

「太田の平屋」の特徴、最後は、和特有の建築や設えに着目していこうと思います。

伝統建築の良さの一つとして、自然素材を多用して湿気に対応し、小屋裏の空間が断熱の役目を果たすなど
日本の高温多湿の気候風土に対応する知恵に優れていることが挙げられます。
「軒の出」も先人たちが考えた知恵の一つで、
夏の陽射しに対しては日陰をつくり、冬の低い太陽光を室内に取り込むことができるので、弊社でも積極的にご提案しております。

 

弊社の建築は、太陽光や風など自然エネルギーを活用したパッシブ設計を主としているため「軒の出」の事例が数多く存在します。
太田の平屋では、軒天井をあらわしで仕上げていますが、その仕上げ方は様々。
以下、事例の一部です。


和情緒をどこまで強めるかによって技法は異なります。
因みに、軒の出は、建物を過酷な自然環境から守る役割もあるため、美観を長く保てるメリットもあります。

次に、「木製建具」のご紹介です。
伝統建築の良さとして、建具の設えによって空間の意味合いを自由に変えられる点も挙げられます。
障子などの引き戸、格子などの建具は、隣室の気配を感じながら空間を緩やかに仕切ってきました。
近年、住宅形態の変化とともにこういった木製建具が喪失してきましたが、
弊社では、積極的に伝統建築の曖昧な繋ぎ方を意識しています。

 

いかにも仕切りましたという雰囲気がでないように、引き戸は壁に引き込む場合も。
構造上の都合や使い勝手によって最良のプランを打ち出しています。


専務曰く、
住宅もグローバル化が進む中、ほかの世界にない伝統建築の素晴らしさ、伝統の美を表現していく人間でありたいとのこと。
又、単に伝統的な技法や和風建材を用いているだけでなく、
職人が腕を振るい、愛着をもって手入れがなされる家であってほしいとのこと。

精神面も大切ですね。

以上、太田の平屋の見所でした。
伝統色の濃い建築の機会をくださったW様ご一家に感謝いたします。

「太田の平屋」パブリックエリアとプライベートエリア

続きまして、エリア別のご紹介です。

平屋において、ご家族との距離感を気にされる方も多くいらっしゃいますが、
平屋の設計では、窮屈な家族関係にならないことやON/OFFの切替も大切にしています。

天井吹抜けのワンフロアリビングは、パブリックエリアとしてどこにいてもご家族の気配を感じることができますが、
大人や思春期を迎えたお子様には少々窮屈に感じられることも。
(専務とわたくしもそのタイプ)

そこで、ワンフロアで空間を共有しながらも、
各自がその時の気分で思い思いに過ごせる空間づくりを意識しています。

キッチンは料理をつくるところで、ダイニングは食事をするところとはっきりとした役割がありますが、
リビングは・・・?ロフトは・・・?お仏壇を置かない和室は・・・?
なんとも曖昧な立ち位置。

曖昧な分、各自が思い思いに過ごせる居場所をつくり、
リビングと一体になるよう繋ぎ方や塞ぎ方などを調整をしています。

 

十分な容積のロフトスペース。
奥は収納、手前は多目的スペースです。

 

引き戸の奥は、プライベートエリア。

消灯時間は、お好みの色でカラーリングされた個室でゆっくりと。
因みに、寒色は、副交感神経を優位にすることが分かっているそうです。

 

一日の始まりは、廊下で気持ちをON。
光に向かうと活力が湧いてきそうです。

以上、ほんの一部分のご紹介でしたが、
お互いが快適に、自然にいられ、家族を繋ぎ、生活をも繋ぐ居場所をつくっていきましょう。

「太田の平屋」平屋の天井吹抜け

続きまして、リビングです。

リビングは、小屋裏を活用するための天井吹抜けが大きな特徴といえますが、
高低差や室内の容積、抜け感、温熱環境など様々な視点から室内環境に配慮した空間構成としています。

吹抜けに向かって伸びるリビングインの階段は、視線が縦に導かれるため驚くほどの広がりをもたらし、
引き戸は、開けると視線が奥に抜け、室内に連続性をもたせてくれます。

 

また、視覚的な広がりだけでなく、光や風が流れ、人の気配を伝え合うことができるよう
間取りや開口部などに様々な工夫を凝らしています。

 

今回、ご要望の多い「吹抜け」についてご紹介させていただきましたが、
天井を高くし容積を大きくすれば必ず心地良く暮らせるわけでもありません。
実は、天井が高すぎると落ち着きに欠ける場合もあります。
そうならないよう「吹抜けがほしい」「ロフトがほしい」など漠然としたご要望から目的、効用など突き詰め、
どの物件も感性として心地よく感じながら暮らしに則した空間を目指しています。

お客様にとって、縦の広がり、視線の抜け感などはなかなか掴みにくいと思いますが、
弊社の設計を担う専務は、もともと在来工法の施工分野で建築工程に携わってきた人物。
机上で想像できない部分はお任せください。

「太田の平屋」意味のある空間

続きまして、玄関です。

その前に・・・
施工中、とある収納の中にあった一枚の絵画。

この絵画に興味を抱き、どなたの作品かをご夫妻に聞いてみますと・・・
なんと、ご主人のおじい様の作品でした。

モチーフとなっているゴリラは、ご主人が赤ちゃんのころのおもちゃで、
だっこされているのは、おそらくご主人だそう。

素敵すぎません?
おじい様の全身全霊の愛情を察知したわたくしは、一瞬で心ときめきました。

「この絵は、絶対エントラスホール。」

施工中、ご夫妻がおっしゃっていた通り、
竣工時には造作シューズクロークカウンターの上に飾られていました。
あぁ、素敵。

 

心が晴れないときもこの絵画が励みとなれば、これはもうかけがえのない幸せではないでしょうか。
この絵に宿る愛情が、きっと背中を押してくれるはず。

たった1枚の絵が、空間をより意味のあるものに変化させてくれた例でした。
建築には、一棟一棟ストーリーがあり大変感嘆深いですね・・・。

※因みに、向かって右側の建具部分は、土間のシューズクロークです。
外部にも物置を造り付け、収納の充実を図っています。

「太田の平屋」現代の様式に合わせた和風建築

本日より、昨年10月にOPENHOUSEをさせていただいた「太田の平屋」の特徴をお伝えしたいと思います。
図面業務優先のため4ヶ月のタイムラグはご了承ください。苦笑

さて、こちらの住宅は、ご夫妻のご要望であった和風建築を念頭に置き、
現代の生活様式に合うよう計画を進めました。

まず、外観です。

こちらの敷地は、隣家の外壁が南方に迫るため、真南よりやや東向きのゾーニングにして余白を確保し、
北道路に沿って建物を形づくることにより、全長23mに及ぶのびやかな平屋となりました。

大屋根が特徴的な外観は、まるで大空いっぱいに美しい裾野を広げている北アルプスがそびえているかのよう。
平屋ですが、山脈のような大らかさを表せたのではないでしょうか。

あらわしの梁や垂木は和風建築の象徴といえますが、
コンクリートのポーチ兼テラスや鋼板の屋根材で格式ばらない構成としています。

こちらは、夕方の表情。

 

木製テラスの場合は、室内領域の延長として機能させることが多いのですが、
コンクリートの場合は、土間としての機能も働くため屋外領域の方が近い存在に。
水にも強いため、BBQや家庭菜園の作業スペースなどアクティブな活動に向いています。
この家の場合、伝統の重みを和らげる働きも担っています。

最後に、南面からのアングルです。

 

みる角度によって様々なカタチを楽しめる山脈型の平屋ですが、
南面は、屋根と柱だけの構造が新しい既存のカーポートを設置させていただきました。
屋根材もアルミなので直射日光を遮り、汚れも気になりません。
愛車を守る術として、建物一体型造作ガレージのご紹介が多い弊社ですが、
既存カーポート設置の好例となりました。

次は、玄関をご紹介させていただきます。