blog

「井領の平屋」地鎮祭

昨日に続きまして、下米田の地に計画中である物件の地鎮祭の様子です。

IMG_4346

こちらは、清払いを行っている時。
お兄ちゃんが一生懸命切麻を撒く姿が微笑ましく和やかな雰囲気が伝わってきますね♪

こちらの敷地は、奥行きが深~い特徴的な敷地です。
「橋下の平屋」との類似点・相違点をみていけたらと思います。

「橋下の平屋」地鎮祭

6月より新たな現場が3件動き出そうとしています。
その内2件は下米田。
双方ともに平屋構造です。
しかし、敷地形状や周辺環境が違えばおのずとプランも変わってくるわけで
一体どのような平屋にまとまったのか気になるところですね。

さて、先日、平屋計画の内の1件である「橋本の平屋」の地鎮祭が執り行われました。
ワタクシは行けなかったのですが、ご夫妻の両親も参加され厳かに遂行されたようです。

IMG_4332IMG_4334
IMG_4339IMG_4335

敷地面積96坪。
周辺環境も日当たりや風通しの良い平屋構造の家を建てるには申し分ない様子。
今週末から早速基礎工事が開始されます。
家づくり、楽しみましょう!

「羽生の家」コテ塗り中!

久々の現場より。
お馴染みのコテ塗り中!

IMG_2067 IMG_2068

見慣れた外壁仕上げも建物の形状による光の加減でいくらでも表情が変わります。
完成が楽しみですね。

「Hair&Eyelash Salon Luscious」内部の様子

GW前。

IMG_1734IMG_1736IMG_1735

GW後。

IMG_4171IMG_4170
IMG_4175IMG_4174

内部もすっかり様変わり。
床に養生が敷いてあるため、真っ白でよく分かりませんが(苦笑)

画像は、オーナー様へご提案する前に、「女性の意見も聞きたい。」とワタクシを連れて色定めをしているところ。
と言うことで、女性の意見を鋭い視点で言っておきました(笑)

暫く、各諸室の仕上げが続きます。

「Hair&Eyelash Salon Luscious」悩ましい外壁コテ塗り!

GWが明け、ヘアーサロン「ルーシャス」の外装も少しずつ整い始めております。
ご覧の通り、コテ塗りによる塗装が完了いたしました。

IMG_4161

木の雨染みは、クリア塗装後、消えますのでご安心を。

各アングルより。

IMG_4162 IMG_4163 IMG_4167

このシンプルさから、軒天と壁の取り合い、建具と壁の納まりなど細かいところに気を配っていることが分かります。
塗装もオーナー様納得の仕上がり♪

順調に歩を進めているみたいですが・・・実はこの塗装は2回目。
初回は、水墨仕上げ(墨の粒で濃淡を出す仕上げ)を試みたのですがイメージにそぐわずお蔵入り。
塗装は、サンプルと実際の仕上がりに差違があり、毎回悩ましい工程なのです。

気を取り直して、再び良いリズムにのりたいと思います。

「稲辺の家」メンテナンス

先日、「稲辺の家」に住まう奥様からSOSがあり、
動きが鈍くなった木製建具のレール、ぐらつくようになった扉の取っ手などをお手入れいたしました。

IMG_2042 IMG_2053 IMG_2050

専務が診断し、チャチャッと補修します。

IMG_2054

ワタクシは取っ手をもつ係。

この他にも、収納の棚板を増やしたり、金具の出っ張りを引っ込めたりと家中お手入れ。
木の家に末永く住んでいただくには必ずメンテナンスが必要です。

そうそう。
お嬢さんが小学生となり自室を与えるそうで、

IMG_2056

こんな可愛い天蓋をご用意されていました。
ガーリーな雰囲気のお部屋になりそうですね❤

又何かあったらご連絡ください。

「扶桑の平屋」お引渡し

「扶桑の平屋」先週末、無事にお引渡しをさせていただきました。

IMG_1995

外構が整い、建物との調和もとれています。
無垢材の質感がいい味出してますね。

こちらは、内部。
ハプニングによる計画変更もありましたが、質の良い無垢材を多用したグレード感漂う室内空間に落ち着きました。

IMG_1949 IMG_1939

家具の搬入やカーテンの取り付けが未だなので、空間構成が分かりにくいかもしれませんが
左の画像奥がキッチンに並列したダイニング、右の画像がリビングになります。
I型の平屋は「坂祝の平屋」「鷹之巣の薪ストーブの家」などが記憶に新しいですが
お施主様の意向を汲み取り、自由設計で表現すると同じI型でも全く異なる性質をもっています。
是非見比べてみてください。
と言いたいところですが・・・PCの入替時「鷹之巣の薪ストーブの家」の竣工写真が消えてしまいました。
(なんですと!?)
すみません・・・。

さて、4月のお引渡しということで、新年度を気持ちよくスタート出来ますね。
これからの新しい生活がとても楽しみですね。
今後ともお付き合いのほど宜しくお願い致します!

「Hair&Eyelash Salon Luscious」外部の装い

上棟から約3週間目の様子です。

IMG_1733

板金と木による外装が施されています。
エントランスサイドの外壁は、無垢の木を扱う弊社の色が強く反映されております。

IMG_4012 IMG_4013

板と板を重ねて張る鎧張り工法を採用しています。
自然素材の安心感・リラックス感をエントランスで演出し、お客様を優しく迎えます。

IMG_4015

ファザード以外の三方は、いつもの如くガルバの殻。

専務の手法をいつも近くで見ているワタクシは、外観の完成図が100%思い浮かぶようになりました。
ヒントを申しますと、華美ではない慎ましい専務の設計スタイルに、
優美なエレガンスのエッセンスを加えた新スタイルのサロンになりそうです。

内部は、只今テクスチャー選びの真っ最中。
どんな内装になるか。
打合せに参加していないワタクシは、皆様と同様に分かりません。
非常に楽しみです!

「羽生の家」ガルバリウム鋼板の屋根

IMG_4018IMG_4025

先日、板金屋さんが、屋根を葺いている最中にお邪魔してきました。
地上からは確認できませんが、ガルバリウム鋼板で仕上げています。

板金だけで構成されているこの屋根は、弊社では、通常、一枚ものの長尺板金を縦に流して葺きます。
緩勾配に対応できる意匠性や優れたメンテナンス性が、専務の設計と相性が良く常用しております。

IMG_4021IMG_4026

実務経験が豊富な板金屋さんによる施工。
社長曰く「腕がいいし安心して任せられる。」とのことです。

あっちこっちの現場に出向き大変ですが、
いつもありがとうございます!

「中蜂屋の平屋」お引渡し

先日、「中蜂屋の平屋」のお引渡しをさせていただきました。

IMG_1797 IMG_1804 IMG_1820

ワタクシがお邪魔した日は、奥様と2人のご兄弟がいらっしゃり、ご兄弟は、早速室内中を駆け回っておりました。
まだ、家具が運ばれていないため動きが速い。
こちらはゼエゼエ・・・。

そして、突如出ました。
「イーグル!」

IMG_1809

き・ま・っ・て・る。
工事中もずっと完成を楽しみしてくれていたO君。
この家と共に健やかに成長していってほしいです。

IMG_4040 IMG_4038 IMG_4039

外部は、外構が未施工。
外部の撮影は、完成まで暫くお預けですが非常に楽しみです。
又、撮影をよろしくお願い致します。

それでは、K様、竣工おめでとうございました!
工事関係者の皆様、ありがとうございました。