blog

「加茂野の家」木製擁壁の製作

今年も早1ヶ月が過ぎましたが、本日立春を迎え雪が降らぬまま春めいてきましたね。
日中の冷え込みがない分、現場に従事する職人さん達にはありがたいかもしれませんが、
乾燥は酷いし、春以降の川やダムの水量にも影響がありそうですし、やっぱり冬は雪が降った方がいい気がします。

さて、お天気に恵まれている中、弊社では只今5件の現場が稼働しております。
その内、今週は、ご近所さんである2棟の工事をご紹介させていただきます。

1棟目は、今月中に竣工を迎える予定の「加茂野の家」。
竣工間近とあって、工事は外構の木製擁壁を残すのみの状態です。

IMG_7356

木板がスタンバイ中。

IMG_7358 IMG_7357

擁壁の用途は主にプライバシーの確保ですが、敷地形状、プライバシーの強弱により高さや素材、形状が変わります。
今回は、周辺環境やリビングのワイドな開口部を考慮し2m近いL字擁壁を予定しています。

IMG_7359 IMG_7360

こちらは、外部を特徴づけている玄関周辺。
せり出した屋根付き玄関ポーチは、外部収納の機能も兼ねています。
2,000m×2,700mの広々ポーチはかさばる収納アイテムの出し入れもストレスフリー。
ドアを開けると思ったより狭くなりがちなポーチ。
外部収納を兼ねている場合、サイズ感に要注意。

次回は、竣工を迎えた後、内部をお伝えしたいと思います。
そして、もう1棟は明後日に更新いたしますね。