blog

「建築ダイアリー」室内環境を綺麗にする第1種換気

image

先日、春日井市にあるパナソニックの換気・環境ショールームを訪れました。
兼ねてから興味があったし、室内環境を綺麗にするための「第1種換気」を体験したかったからです。
さすが換気システム世界シェアトップのパナソニック、手厚い対応でした。

さて、第1種換気って何よ?って感じですが、
まず、換気の基本は、屋外の空気を取り込む「給気」と屋内の空気を追い出す「排気」をセットで行うこと。
その換気の方法には、いくつかのタイプがあって、
給排気共に機械動力で行う第1種、機械動力の給気、自然排気の第2種、
自然給気、機械動力の排気の第3種に分けられます。

一般的な住宅の換気システムは第3種換気ですが、より良い室内空気環境にするためには第1種換気が理想です。
平たく言えば、第1種換気は、機械で強制的に、24時間給排気を行います。
更に、屋外の空気を温めて、フィルターでクリーンにしてから室内に取り込んでくれるという優れもの。
第1種全熱交換機システムといわれるだけあります。

それを、IAQハウスという実験棟で体感したり、熱交換室と非熱交換室で体感したり・・・。
換気不足は、人の健康と建物の老朽化へ影響するってことを再確認。

しかし、最善の換気計画をする上でネックとなるのが建築コストとランニングコスト。
断熱性や気密性、間取りによって費用対効果を検討しないとですね。
今後は、こういった、後回しになりそうな換気設計にも力を入れたいと思います。