blog

「則竹の家」悶々と・・・

リビングイン階段の納まりを考え中のひとコマ。

専務、全く動きません。
難しい顔・・・この表情の時、話しかけてはいけません。

聞きたいことがあるのですが・・・(苦笑)

「則武の家」間宮建築流ダイナミズム

「則武の家」。
上部FIXの縦連窓が出現しております。

開口部がダイナミックなファザードですが、得意気に佇むのはナンセンス。

 

様々な工夫で「静」の表情を創り出し、ダイナミズムを抑えます。
これぞ間宮建築流。

弊社初の試みでもある縦連窓。
光や視線の良い流れをつくってくれることでしょう。

「則武の家」上棟おめでとうございます

「那加の平屋」のご紹介中ですが、ここのところ、図面作成ラッシュでなかなか更新できず。
一旦、現場の様子をはさみます。

まずは、先日上棟いたしました則武の現場です。

今年は入梅しても、雨が降らない日が続いていますが、
それでも梅雨時の建前は気を使うもので、専務は天気予報とにらめっこ。
当日は、お天気が味方してくれ無事建方をおこなうことができました。

以下、専務撮影です。

サイズが小さくぼやけております・・・苦笑

午後には躯体が全て現れ、フォルムがはっきりとわかるようになりました。
こちらは、南西、西からのアングル。

 

形状はシンプルなボックスながら、低層の玄関周辺と輪部を強調させた縦の連窓が特徴的。
ファザードの大きな個性となるこの部位は、仕上がりが非常に楽しみでもあります。

それでは、H様、上棟おめでとうございました。
工事関係者の皆様、安全な工事をありがとうございました。
今後もレポを続けたいと思います!

「則武の家」基礎工事完了

岐阜市則武の現場です。

こちらは、基礎工事中のひとこま。
配筋検査「適合」のお墨付きをいただいた後、耐圧盤を打設したところです。

耐圧盤は、上部構造全ての重量を支える基礎なので、分厚く、内部には、碁盤の目のように鉄筋が組まれています。
配筋検査は、第三者機関である「日本住宅保証検査機構JIO」が、一級建築士立会いの下、鉄筋の太さやピッチ等を確認します。

西側では、基礎立上りの型枠がスタンバイ。

順調に工事は進み、現在、立上りの打設も完了。
1週間後に上棟をひかえています。
各種手配など段取り段取りの一週間となりそうです。

「則武の家」地鎮祭

新しい現場です。

建築地は、岐阜市則武。
教育・医療・飲食店が充実した住宅街の一画です。

先日、地鎮祭を執り行い・・・

 

現在、基礎工事の段取り中です。

さて、こちらの住宅は、南北に長い75坪の敷地に15帖分の吹抜けのある二階建てを計画しています。
プライバシーを重視した外構構成なので、吹抜けからたっぷりの陽光を取り込みます。

今日まで度々事務所へご足労いただきお打合せを重ねてきました。
上棟が待ち遠しいことでしょうがもう少々お待ちくださいませ。