blog

「土田の平屋」基礎工事着工

先週末の土田。
基礎工事が着工しています。

現場は、地面からの湿気を防ぐ防湿シートの上に鉄筋を組んでいるところです。
この日は、とある要件を確認。

この後、配筋検査を経てコンクリート打設へと進みます。

基礎工事の次は土台伏せ、その後上棟。
複数の現場を同時に抱える状況が何年も続いているため、日々段取りとの戦い。
しかし、管理は抜かりなく。

わたくしもどこへでも飛びます。

「稲辺の平屋Ⅱ」トレンドと伝統

わたくしは最近、加齢による代謝の低下や筋力不足が気になるため日々ウォーキングに励んでおります。
そのため、近隣の現場は徒歩で。
加茂野の田園風景は美しいですね。

大地の豊かさと四季を感じながらのウォーキング。
それはもう最高です。
そして、この包み込んでくれそうな大地の先で建築中であるのがこちら。

ちょうどクロスを貼り終わったところです。

カラーは、外壁と同じくニュアンスカラーで統一。
明瞭な白よりこなれた印象です。

 

壁紙がトレンドならば造作品は伝統。
弊社では、今後も時代を察したトレンド性と安定感のある伝統性の兼ね合いが大きなテーマとなりそうです。

「鵜沼の平屋」上棟おめでとうございます

昨日、「鵜沼の平屋」が無事上棟いたしました。
先週末は寒気がつのり雪に見舞われましたが、今週は穏やかな好天で何より。

17時には現場が片付き職人も撤退。
静かな夕暮れの中、垂木の先端部を隠す鼻隠しがノスタルジックに映っておりました。

この日はちょうどお施主様ご夫妻と豆しばちゃんに遭遇。
喜びと期待に溢れた笑顔が印象的でした。

 

我々にはご家族の命や健康をお守りする使命があり、常にその責任の重みを感じております。
一歩一歩適切に駒を進められるよう現場でも切磋琢磨する次第です。
今後ともよろしくお願いいたします。

それでは、K様、上棟おめでとうございました。
また現場でお会いしましたら豆しばちゃんのお話を聞かせてください。

佇まい、可愛過ぎ。

「稲辺の建替」自然に対して感謝

弊社のお隣の現場です。
この日は井戸の埋め戻しを行いましたのでその様子を少し。

地鎮祭で祈祷した後、井戸の穴を川砂利で埋め戻します。
深さは5mほどでしょうか。

川砂利を投入。

井戸に入れた竹は、息抜きと言って、我々の地域では井戸に宿る神様が呼吸をするためのもの。
竹が枯れるまでこのままの状態で置いておきます。

井戸に神様が宿る考えやこういった儀式や祈祷が生まれた背景には、
安全で良質の水を求める昔の人々の想いがありました。

我々は、それだけ井戸は貴重な水資源であり神聖な場所であったことを理解し、
自然に対して感謝の気持ちを表していきたいですね。
奥様もお寒い中見守りをありがとうございました。

工事が始まりましたらまたレポしたいと思います。

「御嵩の平屋」リビングの先

「御嵩の平屋」最後の特徴として「木製テラス」をご紹介したいと思います。

この家では、窓辺に水平に広がる低い軒に沿い床高と同じレベルのテラスを設え、
箱のようなリビングに奥行きを生み出す仕掛けを施しています。

 

幅2,600mm高さ2,400の開口の先にテラス。
その先は視界が開け、さらにその先には木々が生い茂る山々の景色。
外部環境に「何か」があるからテラスを設えたくなります。

しかし、現在は南面に二階建て住宅が新築されており、視線が遠くまで抜けるのはごく僅かでしょう。
それでも御嵩の大きな自然を敷地内へ繋げるように周辺環境との関係を整えました。

また、テラスは、ポーチを兼ねた土間コンクリートと緩やかに連続しているため
玄関やランドリールームへ回遊できる構成。

建築は至ってシンプルですが、周辺環境を取り込むことにより奥行きが増し多彩な表情をもつ建築となりました。
これらの機能を使って暮らしの幅を広げ、自然の恩恵をたっぷりと受け止めていただきたいと思います。

「御嵩の平屋」面積以上のアクティビティ、調理機能を備えた家族の居場所

この家のLDKの特徴としては「キッチンエリアにおける仕掛け」が挙げられます。

ファミリー層の圧倒的な支持を得るキッチンを中心とした回遊動線。
この家でも、まず第一に、日常の行為を連続的に効率よく行えるようご提案しております。

それにより、キッチンがまるでこの家の司令塔のようですね。

 

また、共働き世帯が増加し家事変革が起きている現代は、家事の負担減少&時短が大きなテーマとなっており、
キッチンと並列ダイニングをご希望されるご家族が増加しています。
弊社でもその波は敏感に察知しておりますが「調理機能を備えたご家族の居場所」という認識も持ち合わせております。

 

そのため、クローゼット仕様の収納の中にパントリーやクローゼットを位置づけ面積以上のアクティビティを確保。

 

更に連続してワークデスクを設け、キッチンの動線上に居場所をつくりだしました。

奥様だけではなく夫も子供たちも家族全員がサッとキッチンに立つきっかけに。
キッチンの役割は調理が主ですが、面積以上のアクティビティ、調理機能を備えた家族の居場所としても。
多様な視点から様々な配慮をしています。

「御嵩の平屋」緩い仕切りの立役者

続きまして、この家最大の特徴である「緩い仕切り」についてご紹介いたします。

この家では、広い玄関をご希望されたお施主様のご意向を汲み取り玄関土間を設けておりますが、
必要な間仕切りで切り分けていくと十分な広さの土間が得られなかったため
玄関、廊下、リビングが緩やかに関わり合う土間空間をご提案いたしました。

 

その緩い仕切りの立役者がこちらの木製ガラス建具。
入った玄関の視線の先はありのままのリビングが透けてみえ、
玄関に包み隠しがないため家へ入る概念が全く別のものに感じられます。

 

幅3,640mmのガラス建具は4枚引き戸。
閉め切る、内側から開け放つ、半々に閉じるなど状況に応じた使い方をすることにより
土間とリビング、廊下の関わりを調整していただきます。

 

また、一定の容積が必要となる下駄箱も排除。
フルオープンの可動棚式シューズラックとし中間領域の土間としての機能を高めています。

 

明確な境界をつくらず緩く仕切ることで、玄関土間の機能が高まり思わぬ広がりが生まれたのではないでしょうか。
そして、これらの仕掛けによりLDKも十分な面積を確保することができたと思います。

お次はこのLDKの特徴をお伝えしたいと思います。

「御嵩の平屋」風景との繋がりを

続きまして植栽のご紹介です。

ここに、この家が建築される前に存在した本来の風景。
この家では、その風景と繋がりをもたせるようつくり込むのではく
その風景を想い起こせるよう無造作に植栽を配置しています。

現代の建築に寄り添うように。

 

無機質なアプローチも木陰のベールを纏うと柔らかくナチュラルに見えるから不思議。

樹木は、専務が植木屋さんに赴き自ら選定。
我々は、平屋の場合は屋根より高い高木、自然樹形の樹木、季節ごとに表情の変わる落葉樹を積極的にご提案いたしますが、
お客様のご都合に合わせ無理のない植樹計画をするようにしています。


/>

現場ごとにその場所や空気、建築との兼ね合い、ご家族の日常を意識して。
植樹も現場施工と同じく現場の空気やご家族の日常を捉えることが重要ですね。

ご予算の範囲内で、敷地と風景を繋ぐ挑戦は今後も続けていきます。

「御嵩の平屋」土地環境のバリューアップ

本日より2021.8月竣工「御嵩の平屋」の特徴についてお伝えしたいと思います。

山並みに沿う中山道から小道に入り、屋根瓦の日本家屋を抜けて辿り着くこの敷地は、
間口の狭い旗竿地であることが最も重要な特徴でありました。
そこで、考えられるマイナスの影響をを最小限に抑え、付加価値を見いだせるような建築を目指しました。

専務曰く、いつもの如く周辺環境からこの敷地を読み解くと、ゆったりした雰囲気をこの敷地内にも継承したい想いが。
そこで、タチの低い平屋フォルムとし御嵩の自然の風景を取り入れています。

屋根越しに切り取られたお山が最高の癒し。

また、旗竿地では、風や光などの自然環境により敏感に反応。
敷地の北側に建物を寄せ十分な余白を確保し、
建物本体にも光と風が抜けるよう細工を施しデメリットの解消に努めています。

 

更に、元々弊社は、町に開かれたパブリックなオープン外構を好みますが、
ここでは旗竿の特徴である閉塞感を活用し、プライベートな場所として役割をもたせています。

路地を抜けた奥は、静寂な空気感。

十分な余白も個性と捉え、リビング前は広場、砂利面は駐車スペースとして外構を計画しました。

砂利路地の向こう側に視界が開けたプライベート空間。
この土地は実は、お山の風景に癒され、光と風、視線が通り平穏な空気が流れる。
この土地だからこその空気を吸い、日々の日常を愉しんでいただきたいと思います。

「土田の平屋」地盤調査の段階です

昨日に続きまして新しい現場のご報告です。

場所は可児市土田で、敷地の前面道路は交通量が多く、プライバシーにより配慮する必要があります。
しかし、視界は開け土地の条件も良好。
閉鎖的ではなく町に開かれた平屋を計画しています。

この日はちょうど地盤調査が終わったところ。
弊社は、荷重による貫入と回転を併用したスウェーデン式サウンディング試験にて地盤をお調べしています。

 

結果は後日。

我々は、とある確認作業。


画像上段の大きな丸い突起物は井戸。
今回、こちらの井戸は現役で活躍中のため、埋め戻しは行わず生活の一部として残します。
そのため、北面に井戸部屋なるものが。
様々なご要望に柔軟にご対応いたします。