間宮建築

トップ

竣工までの流れ

約2週間

ヒアリング(無料)

間宮建築に興味をもっていただけたら、最初にヒアリングを行います。
ご要望や敷地条件をじっくりお聞きしながら、私達とお客様の価値観や建築の方向性を整理していきます。
又、土地探し、資金計画のお手伝いもさせていただきますので、お気軽にご相談下さい。

プレゼンテーション・概算見積(無料)

敷地調査、ヒアリングでの情報を手掛かりに、すぐに最初の案にとりかかります。
ヒアリングから約2週間後、100分の1の平面図、立面図、配置図に加えて、外観CGを使い立体的に提示させていただきます。
図面化はしていませんが、照明の位置や造作家具のデザインがおおよそ決まり次第、概算見積をお出しすることが可能です。

設計契約

家づくりのパートナーとして決定して頂きましたら、建築士法に基づき間宮建築とお客様の間で設計契約を交わします。
自社設計の為、設計料はいただいておりません。総工事費用の一部をお支払いいただく形になります。

1ヶ月〜2ヶ月

実施設計

プレゼンテーションでの設計を軸に、両者納得のいくまで意見交換を重ね、迷いのないところまで詰めていきます。
より具体的に細かい寸法や使用する素材、カラーリングの決定をし、構造や設備、外構等をまとめあげていきます。
又、設計の段階で施工法の把握ができるので、大幅な図面カット及びコストカットが可能です。

見積り

納得のいくまで意見交換を重ね図面が確定しましたら、最終的な予算調整に移ります。

本契約・各種申請・地盤調査

見積り提出後、納得していただいたら、いよいよ本契約です。
工事を始めるにあたって、建築基準法による建築確認申請等の各種申請をし、地盤調査を行います。

地鎮祭

建設地の守護神をお迎えして、工事の安全や順調な施工を祈願する地鎮祭を行い、工事が始まります。

4ヶ月~5ヶ月

基礎工事

地盤や基礎の強度が不十分であれば、地震や風の力に耐えきれず建物が損傷してしまいます。
又、不同沈下と呼ばれる部分的な沈下は建物の変形をもたらします。
間宮建築は、不同沈下に強いべた基礎を採用し、強固な基礎を造り上げていきます。

上棟式

上棟式とは、新築の際、竣工後も建物が無事であるよう願って行われる祭祀です。
大工が中心になり、軸組みの組み立てを行い、一番高い棟木を設置します。家屋としての形態が最初に現れる記念すべき日です。

外装、内装工事・現場監理

自社監理のもと、大工工事、各業者さん達との打ち合わせを行います。
工事の進捗状況、各種図面の確認等責任をもって監理させていただきます。

完了検査・引き渡し

工事が竣工しましたら、建築物の法適合性を証明する完了検査の後、注意事項をご説明し鍵のお渡しとなります。
遂に、新居へのお引越しです。

アフターメンテナンス

ご入居後は、定期的にメンテナスチェックにお伺いいたします。
自然素材の変化に対しての正しい知識や適切なお手入れ方法等、お客様とお話をさせて頂きながら、大切なお住まいをお守りします。
又、どんな些細なことでも何かお気づきの点がありましたらすぐにご連絡ください。