間宮建築

トップ

ブログ

「加茂野の家」お引き渡し

BLOG

一昨日、お引き渡しをさせていただきました!
お引越しの最中、竣工写真撮影にも快く承諾していただき心から感謝しております。
おかげで、家具が配置され、動線がとても分かりやすい仕上がりに。
又、後日、見所をご紹介出来ればと思います。

お引き渡しの際、ワタクシがお供することは少ないので、ご夫婦とご子息の笑顔が見られて良かったです。
竣工おめでとうございました!

「大平賀の家」内部の様子

内部では、建具職人さんが一通り仕事を終え帰宅の準備中。

IMG_2513

挨拶をしつつワタクシは2階へ・・・。

おぉ。

IMG_2517

階段の腰壁上に、黒い枠のガラス窓が入っている。
実は、ここ、2Fリビングとなっていて、ここの間取りだからこそ出来る仕切り技。
後々、竣工写真で着目してみたいと思います。

IMG_2518IMG_2521

壁も白壁に変身し、お部屋の雰囲気がありありと分かるようになってきましたが、
ここに住まうご夫妻の雰囲気にピッタリだなと思います。

そして・・・

IMG_9638

長ッ。
過去最長のテレビボード。
かろうじてレンズに納まりましたが、写真では実際のインパクトが伝わりませんねぇ。
竣工写真で勘考してみます。

まもなく竣工。
お引き渡しまであと僅か。
続きは、竣工写真でご確認下さい。

「大平賀の家」大詰め

「大平賀の家」、今週お引き渡し予定です。
周囲は、雑木林が点在するのどかな環境。
道路を走行していると、非常に目に留まるモスグリーンの塗り壁建築が現れます。

IMG_9631

後方の雑木林のグリーンと馴染んで独特の雰囲気を感じますね。

IMG_9632 IMG_9634

玄関脇の足元には、アンティーク風のガーデンアイテムが合いそうなジャンクな枕木が。
モスポットや多肉植物が合いそうやね。

そしてそして・・・
ここの家の内部は、大工の手仕事による造作・製作品が多く、弊社初の施工事例となりそうな仕掛けが盛り沢山。
次回、少しアップしてみようと思います。

「泉の家」窓の仕掛けと性能

本日は、窓の仕掛けについて。
建て込んだ周辺環境でありながら光と風、緑を感じられるようにするには?
様々な手法がありますが、この家で言うと窓にその特徴が見られます。

IMG_9137

広角レンズをもってしても、このワイドなビューは納まりきりませんが、
2.5寸の勾配に合わせた台形のFIX窓から拡散する陽光により空間全体が優しい明るさに包まれ、
天井高に合わせた3連テラス窓により、特別な解放感を感じることが出来る窓辺となりました。

IMG_9138 IMG_9160

因みに、弊社が採用している窓は、フレームがスリムで熱を通しにくく、複層ガラス面積が大きいので優れた断熱性能が期待出来ます。
又、室外側は耐久性に優れたアルミ、室内側は断熱性に優れた樹脂で構成されたハイブリッド構造。
断熱化された家は、夏涼しく冬暖かいのでこの夏から体感してくださいね。

IMG_9159

最後に、弊社は、最新テクノロジーでガチガチに固めた家を造っているわけではありません。
問題を解決するために有効と判断した製品は、どんどん取り入れて最適な住環境をつくり上げていきます。
その性能をより発揮させるために、様々な「仕掛け」には拘っていきたいところです。

「泉の家」長細いLDKを心地良くする仕掛け

続きましてLDKです。

IMG_9130

細長い敷地形状を活かし、視線が長~く抜けることを意識したLDK。
今までにない感じだなということで、第一印象で「おぉ。」と声が出た。

明るさを感じる一番の仕掛けは窓。
こちらは、次回の見所としてとっておいて、今回はこの視線の抜けに着目してみようと思います。

IMG_9171 IMG_9139

キッチン脇の引き戸をOPENにしておくと家の隅から隅まで見通せる仕掛け。
そして、水平方向だけでなく、吹抜けを介して縦に視線が抜ける。
視線が伸びれば伸びる程広がりは感じられるそう。

IMG_9154

一番長い所で19m見通すことが出来るこの家の間取りは、今後、細長い敷地に計画する家のパイオニア的存在となる予感です。
間口が狭い場合、奥まで見通せると気持ち良い!空に視線が抜けると気持ち良い!
このLDKに居ると素直にそう思います。
専務の戦略にまんまとはまりました(笑)

次回は、見せ場でもある窓に着目してみたいと思います。
乞うご期待。

「泉の家」玄関の設え

「泉の家」ツアー、本日はエントランスをご案内致します。
エントランスは、いつものぶれないシンプル構成。

IMG_9216 IMG_9203

注目すべきは玄関戸の木枠。
玄関アクセサリー、採光窓、通風開口の設えにも気を配っているのですが、
より垢抜けた印象にするために、専務は、ここのデザインを整えているそうです。

そして、エントランスホールへ。。。

IMG_9182

粗めの塗り壁に包まれたエントランスホールは、クロスでは表現出来ない独特の心地良さを感じることができます。
そして、一般的な規模のホールですが、脇に設けたシューズクロークや光の明暗によって視覚的な広がりも。

別アングルより。

IMG_9173 IMG_9176

シンプルで素直な空間設計。
明るさとほの暗さが混ざったホールは建具の先を期待させてくれます。。。

最後に、脇に設けたシューズクローク内部です。

IMG_9179

可動式の棚板を設ているので多様な履物に対応できます。
お隣に外部収納も設けているのでゆとりをもって履物を仕舞っていただけるのではと思います。
ここの家は、玄関廻りの収納面でも参考になる事例となりました。

「泉の家」細長い敷地に建てる環境の良い家

3月末に竣工、お引き渡しをさせていただいた「泉の家」ですが、本日から見所のご紹介をしていきたいと思います。
周囲に建物が並ぶ中、突如として現れるライトグレーの塗り壁建築。

IMG_9191

外構は、残念ながらお引き渡しの段階では未施工。
しかし、その風貌は、すでに圧倒的な美しさと力強さを感じさせておりました。

IMG_9188 (BLOG) IMG_9187 (BLOG)

大胆な凹凸に深い軒。
何となく男性的な匂いを感じます。

IMG_9185(BLOG)

そして、当初の課題は、周囲が建て込んだ細長い敷地にどれだけ環境の良い家を建てられるか。
敷地が細長いと、一般的には中が暗くて狭いと思われがちですがここの家では別世界が広がっております。
それは、又後日。。。

因みに、現在は、外構工事も終わって敷地全体がまとまりのある感じに仕上がっているとか。
撮り直したいですな。。。

「鷹之巣の薪ストーブの家」新たな試み

IMG_2468

軒天が一部未施工。
レンズを引くと、

IMG_2469

そこには、こんなにワイドな開口が。
しかもサッシが入っておりません。

娘「この家、玄関おっき~ね~。」

そこは玄関ではありません・・・。
この家は、新しく試みる工夫が盛り沢山だったりします。
ワクワク気分だ。

「加茂野の家」ラストスパート

お引き渡しまであと2週間。
内装の仕上げも粗方完了。

床の養生も剥がれたので楽しみにしていた連続した木質感を肌で感じてきました。

IMG_2480

床から壁、天井へと続く木のグラデーション。
いいやん!

IMG_2482

いいね~。
と言っても、携帯では視野が狭すぎました。
出直してきます・・・。

因みに、反対側は・・・

IMG_2483

真っ白。
この対比もいいな。

部屋の奥にはまだまだ荷物が。
外廻りも・・・

IMG_2489IMG_2487IMG_2488

あと2週間。
工事は続きます。

「滝田の家」類を見ないカタチ。

周辺の区画でも工事が続々と始まりつつある滝田の現場。
でも、まだこんなに遠くからでも確認できます。

IMG_2464

類をみないカタチですね。
でも、奇抜じゃない。
この富加町の静かで大らかな地にとって「ちょうどいい」個性を目指していきます。

さて、工事の進行具合はどうでしょう。

IMG_2461-2 IMG_2462

外壁や軒天の板張りが完了し、大工さんは内部で木工事に励んでおりました。
内部工事は又後程~。

1 / 212